現代の様々な葬儀の考え方は

知り合いの葬式に行った時に思ったのは、葬式はお金も掛かるし、いくら葬議場を借りているとはいえ、すごく大変だなと思いました。
たくさんの人たちが集まるので、挨拶をしなくてはいけないし、準備もたくさんいります。
さらに、田舎でなんらかの風習があるところはもっと大変です。お通夜や葬式が終わっても何日も親戚や近所の方がお参りに来るそうです。そのたびに挨拶したり、相手をしないといけないと聞きました。

しかし、最近はたくさんの葬儀の仕方があるのだと知りました。昔はの葬儀は家で行い、たくさんの人たちが家に来て、わりと大きな葬儀をしていました。
ところが最近は家で葬式をする事もなくなり、葬議場で葬儀をするようになり、家族葬、密葬などその家族それぞれの方法になりました。

個人的には葬儀はお金がかかるものなので、大きな葬儀は必要ないと思っています。
最近は高齢化にもなってきて兄弟も少なく、そこまで呼ぶ人もいません。
ですので、出来るだけコンパクトに少ないお金で出来る葬儀がいいなと思っています。
もちろん大きな葬儀をしたい人はそれで良いと思います。

また、他には、大きな葬儀となるとお金だけではなく準備も大変なので、出来るだけ負担の少ない葬式が良いです。たくさんの親戚や知り合いが来るという事はそれだけ気疲れをしてしまうのもあります。
家族葬なら本当に親しい人ばかりなので気心の知れた人たちばかりで気持ち的にも楽です。人が亡くなると葬式だけでなくその後の法事など本当に大変です。

ですので、少しでも家族の負担が減るような葬式が理想です。
自分たちが葬式をするときはもう少し負担の少ないのにしようと家族で話し合って、みんなが納得するような葬式にしたいです。